こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
肌は紫外線や乾燥した空気などで毎日ダメージを受けています。若く美しい肌を維持するためにも毎日の基礎化粧品によるスキンケアはとても重要です。
化粧水・美容液・乳液・クリームなど様々な種類の基礎化粧品がありますが、その効果をより高めるには使用する順番が大切です。
化粧水→美容液→乳液→クリームの順で使うのが効果的だと言われています。
なぜ順番が大切かと言うと基礎化粧品にはそれぞれの果たす役割があるからです。
まず丁寧に顔を洗顔したあと、化粧水を最初につけます。
化粧水の役割は洗顔によって失われた肌の保湿成分を養うことです。
お肌に水分・保湿成分を補いみずみずしく柔らかな潤った肌にしてくれます。
また、化粧水を角質層まで浸透させることで後に使う他のケア用品が浸透しやすくなります。
洗顔と化粧水はセットと考えて、化粧水は洗顔後すぐに使用するようにしましょう。
次に使用する美容液はシワやたるみなどの肌トラブルに有効成分を補います。
美容液は化粧水・乳液だけではケアすることのできない効果を補うために使われます。
スキンケアは最小限で済ませたいという方は美容液を省略してもいいでしょう。
乳液は、化粧水とクリームの中間のようで水分と油分をバランス良く配合しているので保湿もでき、必要な油分を補うこともできます。
肌の状態によっては乳液が必要不可欠というわけではなく、油性肌の人なら油分の少ない美容液などで保湿ケアしていれば必要ありません。
最後に使用するクリームは乳液よりも油分が多く配合されていて、これまでの手順で与えてきた成分をお肌に閉じ込めるフタの役割をします。
もしも間違った順番でスキンケアをしてしまったらそれぞれの基礎化粧品の役割を果たせなくなってしまいます。
たとえば洗顔後、いきなりクリームを塗りその後に化粧水を使えばクリームの油分で肌にフタをしてしまい化粧水の水分が浸透しなくなってしまいます。
お肌をケアする順番を間違えてせっかくの効果が損なわれないように気を付けましょう。

[PR]
# by haruka55ino | 2017-08-11 15:21

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
女性はいくつになっても周囲を魅了するほど美しい容姿でいたいものです。
その願いを叶えるために美容系のクリニックで最新美容治療を受けるということも一案ではありますが、時間とお金の余裕がある方ばかりではないので、やはりセルフケアで理想的な美を追求できればこれほどうれしいことはありません。
美意識の高い女性は日常生活にもきちんと意識を配り、食事や睡眠、運動、そして腸内環境を整えるなど健康な体を作るための様々な努力をしていますが、そこまでストイックにならなくても、ポイントさえ押さえていれば年齢に負けない美しさをキープさせることは可能です。
女性が何よりも磨きたい、気になる場所である顔においてのセルフケアでは、一にも二にも保湿に限ります。
肌に現れるあらゆるトラブルの原因はすべて水分不足にあるので、潤いを与え逃がさないようにすることで肌のバリア機能が高まり外部からの刺激の侵入を防ぎます。
肌内部が潤いで満たされていれば皮膚の新陳代謝も活発になっていくので、どんどん新しい肌に生まれ変わり、常に肌再生が促されるようになればトラブルのない美肌でいられます。
ここで気を付けなければならないことは、スキンケアとは手をかければかけるほど良いかというと決してそうではなく、デリケートな肌に何度も触れる摩擦はかえって肌トラブルの原因となってしまうケースも多く、色素沈着を引き起こすこともあります。
近年では美容系のアイテムに機能性の高い商品が増えていますが、美容知識が深い女性ほどこの機能性アイテムを使っており極力肌摩擦を減らしながら保湿をしています。
昨今大ブームとなっているオールインワンゲルは肌質が強い人が使うもの、ずぼらな人が使うものといったイメージを持たれがちですが、実は非常に保湿効果が優れた商品で肌の保水力が上がり乾燥しなくなるので、肌が弱い女性には肌質改善効果が期待できる逸品なのです。
特にセラミドが配合されているオールインワンゲルなら、水分を蓄える力がつくのでおすすめです。

[PR]
# by haruka55ino | 2017-08-10 15:20

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
肌は見た目年齢を表します。弾力性があり、スベスベの肌は見た目年齢を若くし、気持ちも明るくしてくれます。肌のコンディションは心のコンディションにもつながるのです。
しかし、年齢と共に肌が老化していくのは自然なことです。
ホルモンバランスの乱れ、ストレス、様々な生活の癖などが肌の老化を加速させてしまうことも少なくありません。肌は定期的に生まれ変わることで肌トラブルを改善していけますが、その生まれ変わりいわゆるターンオーバーが正常に機能しなくなることもあります。すると古い角質が肌に残り、メラニン色素が排出されなくなり、シミやくすみ黒ずみなどができる、肌の水分量が低下することでたるみやシワができるなどの現象が起きます。
肌トラブルを予防改善していくには日々の肌ケアがとても大切になります。それにはそれぞれに合った化粧品を使用することが大切です。
肌トラブルが気になっている状態は肌バリア機能が低下している状態です。肌バリアは様々な外部刺激から肌内部を保護しているものです。
この機能を向上させるには高い保湿力が必要です。肌の水分量はセラミドやコラーゲンが影響していますが、これらの成分が不足している状態になっているので、化粧品でそれらの成分を補うことを心がけます。
現代ではそれらの成分がしっかりと配合された化粧品が多く展開されています。
そしてここで気を付けることは、添加物の有無です。添加物は弱った肌に対して刺激が強すぎて、せっかく肌に良い栄養分を与えている肌ケアが逆効果となり、肌荒れなどを引き起こすことになってしまうこともあるのです。
肌のコンディションが良くない時こそ無添加など肌に優しい化粧品を選ぶ必要があります。肌の健康を取り戻すには、高い保湿力の成分、高い浸透力、そしてできるだけ不要な添加物が配合されていないことが大切です。
また、そうした肌ケアを心がける他、栄養バランスのとれた食生活や適度な運動、良質な睡眠をとることを意識して生活することが美肌への道です。

[PR]
# by haruka55ino | 2017-08-09 15:19

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
女性ならどなたでもメイクを行なって美しく変身したいと考えるものです。
現在の日本は、世界でもトップクラスの美容系コスメが販売されており外国人旅行客がこぞって買い込んでいるほどです。
人気の理由は、本来ならば美容整形外科やエステサロンで施術を受けなくてはいけないいわゆる「プチ整形」の効果を発揮してくれる美容系コスメが日本では簡単に手に入るからです。
そこで、持っておくと便利な美容系コスメをご紹介します。
腫れぼったい一重まぶたを簡単に二重にしてくれる「二重美容液」は、中学生からお年を召した方まで幅広く利用されており外国人旅行客が購入する化粧品の中でも断トツの人気です。
くっきりとした二重まぶただと顔の印象が明るくなり、化粧映えもします。「二重美容液」は小さな小瓶に専用の筆も装着されていて、とっても扱いやすいのが特徴です。まぶたの上に二重美容液を薄く塗り、プッシャーで2秒ほど押さえるだけでくっきりとした二重が完成します。生まれつき二重まぶたの方でも寝起きは一重になっている事もあるので1本持っておくと大変便利です。
「ピーリングジェル」はエステサロンで行なわれているケミカルピーリングと同じ効果がある美容系コスメで、古い表面角質を削り落として美肌へと導いてくれます。毎日メイクを行なっていると、毛穴の奥深くまで汚れが入ってしまいクレンジングオイルだけでは落としきれません。肌がくすんで見えてしまう原因でもありますが、そんな時は「ピーリングジェル」を週1回使えば肌をリセットできるので美容効果は絶大です。
また、「ピーリングジェル」は顔だけでなく肘や膝の黒ずんでしまった角質層を除去する効果もあるので一家に1本は置いておきたいアイテムだと言えます。
美容系コスメは上記以外にもたくさん販売されているので、ご自身が気になるアイテムは積極的に買い揃えてみましょう。ほんの少し手間を掛けるだけで、今以上に美しくなれるアイテムばかりなので持っておくことをお勧めします。

[PR]
# by haruka55ino | 2017-08-07 15:18

こんにちは!美容研究サークルIPSの井上はるかです!
女性同士で盛り上がる会話のテーマの一つに化粧品があります。化粧は身だしなみの一つでもあり、気分をあげる手段でもあります。毎日することなのでどうせなら楽しい時間にしたいものです。そのためにも、ポーチに揃える化粧品はしっかり選びましょう。
今は、ドラッグストアや百貨店などで全ての化粧品を揃えることができます。価格帯も種類も幅広くあるので無理せず選べますし、ネットや雑誌で人気のものもすぐわかります。例えば自分の肌に直接触れる化粧下地は少しいいもので探してみたり、ファンデーションは日本製のもので探すようにします。ハイライトとチークは同じメーカーのものにして気分によって混ぜて使用すると長く使えます。まぶたにのせるアイシャドウは季節や服によってカラーを変えたいので少し値段を抑えたものを探します。アイライナーやマスカラは、自分の目元のしわやまつげの量によって選びましょう。リップもまた、その日の雰囲気によって変えるとおもしろいので何色か揃えておくと安心です。
また、化粧品選びにもっとも大切になってくるのが自分の肌に合うかどうかです。少しでも肌にトラブルがでたら使用を中止して、皮膚科などで相談しましょう。友達や職場の人たちとオススメトークをしたり、ネットや雑誌での口コミを調べたり、百貨店などではビューティーアドバイザーの人に尋ねるのも近道です。高価なものを買って自分の肌に合わないとショックなので、小さなサンプルをもらえるものはそれを試してから購入するのも賢い買い方です。
化粧をすることが、毎日の習慣のようになってしまい楽しい時間というより面倒な時間と感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、せっかく女性に産まれてこれほどメイク用品が選べる時代にいることを前向きにとらえて、メイクの時間を少しでも楽しいものにしてください。そのためにも、お気に入りの化粧品を見つけてポーチの中がいつもキラキラしていることがオススメです。

[PR]
# by haruka55ino | 2017-08-06 15:17