人気ブログランキング |

<   2017年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
アンチエイジングに関しての注目が高まっていますが、そんな中様々なコスメティックが登場している事で話題です。年齢肌のサインには、しわ、シミ、たるみや毛穴の開きなどが挙げられますが、これらの根本にはコラーゲンの生成減少やターンオーバーの乱れが関係します。乾燥肌になる事であらゆる肌トラブルの原因が引き起こされますし、保湿をメインとしたスキンケアを行う方が多いですが、その根本を見直す必要も有るでしょう。
コラーゲン生成が肌の奥で十分に行われれば、保湿力も高められて化粧水の浸透力も増します。乾燥しない肌を作っていくことこそがアンチエイジングの近道とも言えるでしょう。普段のスキンケアで使うコスメティックアイテムは、自分の肌や年齢に合ったものを選ぶ事が重要なポイントです。また今様々なコスメティックの研究が進んでおり、その一つがIPS細胞を取り入れたものです。各化粧品メーカーでは研究チームも有りますし、そこでは最先端の物質の研究も取り入れられていてどんどん新しいコスメが登場しています。
IPS細胞は医療の現場でも注目されているもので、それがコスメに取り入れられる事でアンチエイジングはもっと実現できるでしょうし、それを目指して各化粧品メーカーも研究を進めているところです。エステサロンでスペシャルなケアを受けるというのももちろん効果はありますが、自宅でどんなスキンケアができるかという方が実は比率が大きいですし考えていかなければなりません。
口コミ評判やランキングで上位に入っているコスメティックは、必ず何か理由がありますし多くの方が満足している傾向が見られます。何を使うか迷った時には、まずは口コミ等を参考にしてみるのもお勧めです。もちろん最終的には自分の肌に合ってないと意味がありませんし使ってみないことにはわかりませんが、最初の段階で選ぶという時にはとても役立つツールだと言えるでしょう。口コミも要チェックです。


by haruka55ino | 2017-12-31 13:35

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
コスメティックを選ぶときにネットや雑誌の口コミを参考にする人は多いでしょう。また友人や知人など人づての口コミを重視するという人も少なくありません。これらの方法で選んでいくのは決して間違ってはいませんが、そもそもコスメティックは人によって相性が明確にわかれてきます。これほど多くの商品が存在する理由も、肌質や好みに合わせた商品を提供するためです。口コミやランキングなどで絶賛されていても、自分に合うとは限らないわけです。
結局のところ最高のコスメティックを見つけるためには、実際に使用して確かめるしかありません。そして肌との相性というのは年代によって変わってくるので、現在ベストな商品は将来的に変化していくのが普通です。今は最高だと思って使用しているものが、将来的にまったく合わなくなる可能性があるわけです。そうした場合は肌質が変化していると考えられるので、必要となる美容成分も異なっていると考えてください。
肌に合わないコスメティックを使用してしまうと、まったくの逆効果になりかねません。合わないものを使用するほど、肌は抵抗力を失ってボロボロに変化していきます。確かに初めて使用する商品の場合、一時的に好転反応が発生するケースはあります。これは肌が元気になる前兆として、好ましくない症状が一時的に発生するものです。つまり好転反応はメリットを享受する前兆と言えるものですが、ずっと継続するようなら単純に肌に合っていないと考えられます。
自分の肌質を明確に把握するのは難しいかもしれませんが、トラブルが頻発する状態なら正常肌から外れていると考えられます。エステサロンで肌診断を受けてみれば、今現在の正確な肌状態が見えてくるはずです。そのうえで肌質にマッチしたコスメティックを使用するのが得策でしょう。肌に合ったものを選択すること、そして実際に使用して相性を確かめることは必須になります。自分の肌に合ったものは自分自身で探すしかないわけです。


by haruka55ino | 2017-12-30 13:34

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
コスメティックを選択するときは、第一に美容によいものを選択しようと考えるかもしれません。確かにスキンケアのために使用するのですから、肌によいことは必須でしょう。ただ膨大にある商品の中から、肌に合ったものを探していくのは簡単ではないです。迷ったときは健康によい成分を配合したものを使用してみるのも手です。老若男女を問わずに誰しも綺麗な肌を手に入れたいはずですが、美肌になるための優先順位は健康です。
人間の肌はそのまま健康状態を反映する性質を持っており、不健康だとツヤのある綺麗な肌になれません。例えば肥満体質の状態だと肌がオイリーになって、ニキビのリスクが増えてしまいます。コスメティックを選ぶときは、美容より健康によいかどうかを判断するとわかりやすいです。ビタミンCは美肌成分として有名ですが、それ以前に健康に欠かせない必須栄養素でしょう。体によいものは肌にもよいと考えておけば、自ずと答えは見えてくるはずです。
美肌によい習慣を実践するためには、健康維持を意識してください。コスメティックを選択するときは、自分の体が何を欲しているのかリサーチしてみる必要があります。例えば食生活のバランスが崩れているなら、特定の栄養素が欠乏しているはずです。緑黄色野菜をあまり食べない方だと、ビタミンやカロチノイドが不足している可能性が高いです。抗酸化力が低下しやすい状態と言えますから、抗酸化力成分をたっぷりと配合したコスメティックを選択してください。
巷には数多くのコスメティックが販売されていますが、その中で相性がよいと思えるのは2~3割あればいいところです。つまり3~5種類くらいは使用してみないと、自分に合ったものを見つけにくいです。本当に相性のよいものを使用すると、翌日の肌が違うと感じられるでしょう。合わないものを使用し続けると、肌が荒れてくるので注意してください。肌を元気にするためには時間をかけた商品探しが重要になります。

by haruka55ino | 2017-12-29 13:30

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
目の小ささや鼻の低さや唇の薄さや肌トラブルなど、自分の顔の欠点に対するコンプレックスや悩みを抱いている女性は多いのではないでしょうか。肌トラブルを改善させるためには、化粧品によるスキンケアやサプリメントや医薬品によるインナーケアやサロンでのフェイシャルエステなどが必要になりますし、目や鼻や唇などのパーツの悩みを解消させるためにはクリニックでの美容整形の施術が必要になります。これらの方法は膨大なお金や時間を要してしまい、美容整形をするとなるとそれなりのリスクも伴います。
そこでおすすめなのが、コスメティックで理想の顔をつくるという方法です。ファンデーションやアイライナーやマスカラやアイシャドウや口紅やチークなどのコスメティックを駆使すれは、顔の欠点を瞬時に隠したりカモフラージュすることができて、コンプレックスや悩みもすぐに解消されます。お金も時間もかかりませんし、リスクもありません。理想の顔になるために、さっそく試してみましょう。
目を大きく見せたいなら、アイシャドウで立体感を出して、マスカラで縦のラインを強調するという方法がおすすめです。アイシャドウは、濃さの違うブラウン系を何色か用意して、グラデーションをつくるのが効果的です。奥行が生まれてホリが深く見えます。
まつ毛はビューラーでしっかりと立ち上げて、上のまつ毛と下のまつ毛の両方にマスカラを馴染ませると目が大きく見えます。
鼻を高く見せたい場合は、小鼻にシェーディングを入れて鼻筋にハイライトを入れましょう。鼻筋が通ってスッキリと高く見えます。
唇をふっくらと見せたい場合は、実際の唇よりも大きめにラインを描き、上唇の部分にハイライトを乗せるとボリューム感が出ます。リップグロスでツヤを出すと、魅力的な口元になれます。
シミやクマやくすみは、コンシーラーで隠すのがベストな方法です。ピンポイントで隠したいシミにはスティックタイプのコンシーラーが最適で、広範囲に広がるクマやくすみにはリキッドタイプのコンシーラーが適しています。
保湿力が高い化粧下地とクッションタイプのファンデーションを組み合わせると、潤いに満ちた素肌っぽい仕上がりになります。お気に入りのコスメティックで、なりたい顔になりましょう。

by haruka55ino | 2017-12-28 13:29

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
最近ちょっと寒くなり、乾燥してきたなと感じていませんか?
私はお肌がごわついてきました。現在のスキンケアとしては化粧水、乳液を使用中です。そろそろこれからの時期に向けて日頃のスキンケアコスメティックを考え直しています。近年ではツヤ肌が人気でとにかく保湿!と雑誌や広告で見かけ、私も乾燥によるニキビがあると知ってからは保湿命なのですが、忙しいのも事実。つい最近はスキンケアは乳液で終わらせていました。
乳液後には美容液をつける方もいらっしゃると思います。美容液もあったものを探すと、毎日リッチな気分になれそうで保湿もバッチリでき、とても魅力的です。
しかし、乳液のベタベタ感ですら苦手で美容液は出費が・・・という方もいらっしゃいます。そんな方にオススメのアイテムが、洗顔後、入浴後のフェイスパックシートです。
洗顔後、入浴後はどんどん水分が出て行ってしまいます。髪を整えて体も拭いて…としている間にも乾燥しているのです。そこで、洗顔、入浴後には、まずフェイスパックシートを貼ってしまいましょう。
そのまま髪、体のケアをし、終わったらフェイスシートをはがし、普段通りにスキンケアをするだけです。フェイスパックシートは美容液に比べ安価で手に入りやすく、また、普段お使いの化粧水をコットンに染み込ませたものを貼ってパックすることでも、全く効果は違ってきます。
私は頂き物のフェイスパックシートを洗顔後、入浴後に貼っていますが化粧のりはもちろん、翌朝の肌ツヤが違ってきました。
コスメティック探しは女性の楽しみの一つですよね。私は今はフェイスパックシートに頼っていますがそのうち美容液にもチャレンジしたいです。
最近では香りの良いスキンケアコスメティックも多く、季節の移り変わりの揺らぎや寒い季節の心から体、お肌をほぐしてくれそうです。ぜひ自分にあったスキンケアを見つけてくださいね。乾燥に負けない女性で行きましょう。

by haruka55ino | 2017-12-27 13:25



こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。

コスメティックと聞くと、多くの人は顔などに塗る化粧品を思い浮かべるかもしれません。確かにその通りですが、実は体の内側からきれいにするという方法もあります。それが肌に嬉しい栄養成分を摂取するというものです。従来の化粧品に加えて栄養面でもサポートすることで、効率よく美しくなることを目指しましょう。

栄養面によるコスメティックとしては、美容系のドリンクが人気です。コラーゲンやビタミンCといった肌の新陳代謝を助けてくれる栄養成分は、私たちの普段の食生活からだけでは十分に摂取することができません。美容系のドリンクにはそうした成分が豊富に含まれており、飲むだけで見た目を美しくすることができます。ドリンクといっても何か苦みを感じさせるものではなく、一般にあるジュースのようにおいしく飲みやすいものばかりです。一日一本飲むだけで効果が期待できるので、毎日続けやすいのも特徴といえるかもしれません。各メーカーから様々な美容系ドリンクが発売されているので、サンプルなどを試しながら自分の好みに合ったものを購入するとよいでしょう。

サプリメントもまた、内側から肌を美しくしてくれるものとして多くの人から利用されています。サプリメントの良いところは、必要な栄養成分のみがコンパクトに凝縮されていることです。例えばビタミンCが欲しいからといってレモンばかりを何個も食べるわけにはいかないでしょう。ところがサプリメントならば小さな粒状のものを何粒か飲むだけで、レモン何十個ぶんの栄養を補充できます。価格的にも本物の食材を購入するより安く済むので経済的です。

実際に野菜や果物を食べるという方法も、体の内側からのコスメティックとして有効です。特に旬の食材は栄養成分が豊富で、食事と美容を両立させることができます。普段の食生活で肉料理が多い人であれば、積極的に野菜や果物を食べることをお勧めします。これは肌に必要な成分を摂取できるだけではなく、大腸の動きを活発にし老廃物を外に排出するという役割も期待できるからです。これらをバランスよく行うことが、美しさを保つための秘訣と言えるでしょう。

by haruka55ino | 2017-12-26 13:24

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
現在様々なコスメブランドから販売されているコスメティック用品ですが、ブランドごとに販売されているコスメティック用品の特徴は異なり、種類も豊富なためどの化粧品を選べば良いのか悩んでしまう方は少なくありません。しかし配合されている美容成分や利用者の口コミから良さそうなコスメティック用品を選んだのに、使用後に肌のコンディションが悪化してしまうなど、自分の肌にあわずに途中で処分した経験をお持ちの方は多いといわれています。
こういった肌トラブルが起こる原因に、利用者自身が自分の肌質を理解できていないことが影響しています。一般的に乾燥しやすい肌質の方は、化粧品選びをする際にはしっとりとした使用感で保湿成分が多く配合されているタイプを選びますし、脂性肌の方は、保湿成分よりもさっぱりとした使用感のタイプを選びます。
現在多くの方がメイクをしている時などに肌がテカりやすく、メイク崩れが起こりやすいことから自分は脂性肌だと勘違いしている方は非常に増えていますが、実はこれは大きな間違いで肌のテカリが起こる場合隠れ乾燥肌の可能性がぐっと高くなります。
皮膚は健康な状態であれば、バリア機能があり適度な潤いを保ち外部からの刺激から皮膚を守ることができます。しかし何らかの原因でバリア機能が壊れてしまうと、肌の潤いが保持できなくなり角質層が乾燥しやすくなります。そうなると人間の脳から通常よりも多くの皮脂を分泌するように命令を出すので、乾燥しやすいタイプの方ほど肌がテカりやすくなる傾向にあるのです。
そのため脂性肌だと勘違いして、さっぱりとした使用感のコスメティック用品を使用している方は、保湿ケアが十分に行えるタイプに切り替えることで劇的に皮膚のコンディションが改善する可能性があります。メイクをしている場合も外出先で上からミスト化粧品などを利用することで、適度な保湿を行えるようになるので持ち歩くようにすることをおすすめします。


by haruka55ino | 2017-12-24 17:19

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
メイクやダイエットに興味があるという女性は、多いと思います。美しくありたいと願うのはいつの時代でも同じで、自分史上最高の美しさでありたいと多くの方が願っています。そんな方々の心強い味方のひとつが、コスメティックアイテムです。血色をよく見せたり肌のトーンを均一にするだけでなく、短所だと感じている部分や満足のいかないパーツを理想の形に整えることができる化粧品は、女性にとってなくてはならないものです。
そんなコスメティックアイテムは、すぐに消費しきることができるようなものではないため長く使っているという方も多いと思います。特に流行の色味のリップや今年らしい質感のアイシャドーなどは、普段使っているものがある場合でもついつい購入してしまうという方も多いことでしょう。そのようにして多くのコスメティックアイテムが手元に集まってしまった場合、気になってくるのが賞味期限ならぬ『消費期限』です。食べ物ではないので厳密に明記されている化粧品は少ないですが、肌に直接触れさせるものである以上その鮮度には気をつけていきたいものです。
アイブロウやアイラインなどは一度購入すると2年・3年と持ってしまうものもあります。削っていく鉛筆タイプであれば常に清潔な部分が肌に触れるので良いのですが、筆タイプやフェルトのものは雑菌の繁殖などに注意をしたいものです。リップやアイシャドーといったカラーアイテムは、1〜2年をめどに買い替えをすることをおすすめします。ファンデーションは塗る面積が大きいので頻繁に購入することになる化粧品のひとつですが、それでも1年を超えたら買い直しを検討しましょう。特に肌の多くの面積に触れるもの、そして目の粘膜付近に触れるものに関しては、トラブルを避けるためにもこまめな買い替えや衛生管理をきちんと行うことが大切です。
古くなったコスメティックアイテムを使用すると肌荒れの原因になったり、ひどい時には視力に影響が出てしまう場合もあります。適切な試用期間や衛生管理の方法を守りながら使用していくように、心がけていきましょう。


by haruka55ino | 2017-12-23 17:19

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
皮膚がたるんでぼやけた輪郭や口元のマリオネットラインやほうれい線が際立ってしまう、ファンデーションを塗ると乾燥小じわやたるみ毛穴に入り込んでしまい肌が汚く見える、目の下にシミやクマやくすみが広がっていて顔全体が暗い印象になってしまう、エステサロンや美容皮膚科でフェイシャルの施術を受けたいけど費用が高くて躊躇してしまう、サプリメントを飲んでいるけどこれといった効果を実感することができないなど、年齢肌の問題や不安や悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。
そんな女性に寄り添いフォローしてくれるのが、コスメティックです。年齢肌の悩みを解消させるために、コスメティックの機能や能力に頼ってみてはいかがでしょうか。エイジングケアに特化した機能的で能力の高いコスメティックはあらゆるブランドから市販されており、それらのクオリティは年々高まってきています。独自の技術が搭載されていたり、開発されたばかりの注目の新成分が配合されていたりなど、ワクワクするようなものがたくさんあります。
中には、サロンのフェイシャルエステや美容医療に匹敵する効果が期待できるものも存在します。高機能で有効成分の含有量が多いものは販売価格が高いという難点がありますが、背に腹は代えられませんので、思い切って価格帯が高めな贅沢でラグジュアリーなコスメティックを使用するのがおすすめです。単品でも十分な効果を実感することができますが、ブランドの同じシリーズの商品をライン使いすればさらに実感力が高まります。
将来の自分への投資という考え方をすれば、販売価格の高さもさほど気にならなくなるでしょう。アイテム選びをするときに重視すべき部分は、浸透力の高さと水分保持力の高さです。年齢肌は角質が硬くゴワゴワしていて、化粧水や美容液が角質層まで届きにくいという特徴がありますので、浸透力の高さにはこだわりましょう。水分保持力が高ければ、潤いを長く肌にとどめておくことができます。満足度の高い信頼できるコスメティックで、魅力あふれるエイジレスな肌を手に入れましょう。


by haruka55ino | 2017-12-22 17:18



こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。

肌が乾燥して小じわが気になる、メイクのノリやもちが悪い、透明感が失われてきているなど、肌が乾燥することによってきれいに見えないことや年齢肌の悩みが出てくることがあります。乾燥肌になると、細胞のひとつひとつの水分が不足し、細胞本来が持っている自ら美しくなる機能を発揮することができなくなるのです。乾燥した肌は、表面にある角質層も乾燥しているため、角質層が剥がれたり、めくれたりしやすくなり水分を保持できなくなります。水分が足りないのに、蒸発してしまうという悪循環に陥り、細胞に水分をとどめておくことができなくなるというわけです。

水分が不足していると、肌がもともと持っている自分自身を守る働きのバリア機能が低下して、少しの刺激でも敏感に反応するようになります。水や風、化粧品などの刺激によって赤くなったり、かゆくなったりしやすくなり、場合によっては炎症を起こして熱を帯びてしまうこともある敏感肌に偏っていきます。乾燥肌の人がコスメティックを選ぶ場合には、水分をたっぷりと補給することが大切というイメージがありますが、水分を補給しても保持する力が弱いため一時的に潤っても、時間がたつと再び乾燥してしまうのです。
乾燥肌の人がコスメティックを選ぶ時には、水分だけでなく、与えられた水分を保持する働きがある保湿成分を含む物を選ぶことが重要です。保湿をすることで肌がしっとりとしてくるだけでなく、細胞のひとつひとつに水分が蓄えられるようになり細胞が元気に働くことができるようになります。生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが正常化したり、刺激に強くなったりするため、紫外線の影響によるシミやそばかす、乾燥による小じわやたるみなどを防ぐことができるため、エイジングケアをしたいという人にも保湿は大変重要です。シンプルなステップでケアができるコスメティックを選び、毎日保湿を続けることもエイジングケアには大切なポイントです。

by haruka55ino | 2017-12-21 17:17