人気ブログランキング |

<   2017年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
肌は十分な水分を抱えることによって、バリア機能を発揮させることが可能です。つまり若々しくて弾力性のある肌であるほど、老化を強力にブロックできるわけです。水分が不足している肌は、外的な刺激に対抗する力が弱くなっています。老け顔の人ほどさらに老けやすくなる悪循環であり、負の循環を断ち切るためにはコスメティックの見直しが必要になります。肌の水分維持を徹底するだけで、ふっくらした強い肌が実現するわけです。
若いころの肌は元気でモチモチしており、スキンケアをしなくても美肌を維持できるかもしれません。しかし、ケアをせずに美肌でいられる時期は決して長くはないです。20代の後半あたりから肌の曲がり角を実感する人が増えてくるため、小じわなどが目立つようになってきます。年齢サインが出始めてきたら、本格的なケアが必要だと考えてよいでしょう。ワンランク上のコスメティックを使用し、肌を内側まで保湿させてください。
コスメティックには実に多くの種類がありますが、大まかな役割は水分保持と栄養補給です。特に大切なのは前者であり、肌の元気を維持するためには何よりも水分が欠かせません。人間の身体は水分が主要成分であり、僅かに水分が減少するだけで血液がドロドロになってきます。肌の水分が不足すると乾燥が促進されて、さらに紫外線に対して弱くなってきます。紫外線は肌に強力なダメージを与えますので、ダメージ対策のためにも保湿は徹底してください。
肌を保水するためには、正しいタイミングでコスメティックを使用する必要があります。理想は毛穴が綺麗になったタイミングなので、洗顔後や入浴後に使用するのが得策です。毛穴が皮脂で詰まっている状態を放置しておくと、やがて皮脂でフタをしてしまうので注意してください。皮脂分泌を減少させることは大切ですが、それ以上に毎日1回以上の洗顔をして皮脂を落としておくことが重要です。皮脂は時間の経過により、固まって落としにくくなるので注意してください。

by haruka55ino | 2017-10-30 11:19

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
毎日のスキンケアをきちんと行っているつもりでも、肌の乾燥や肌のくすみ、ゴワツキなどが改善しないと考えている方は多いです。
実際に私も肌のお手入れは昔から行ってきた方法を続けているつもりでも、肌に透明感がなくなってしまいゴワツキが悩みの一つになっていました。これは若い頃のお手入れをそのまま続けていたことが原因だと考え、一度コスメティック化粧品の見直しをして、スキンケアを改善してみることにしたのです。
そこでまず参考にしたのが、様々なコスメティック化粧品を取り扱っている美容情報サイトです。利用者の年齢層やブランドごとの化粧品の情報や、利用者の口コミなどがチェックすることができる特徴があり、自分と同じ年齢層の女性がどのような化粧品を利用しているか確認をしてみました。やはり年齢をある程度重ねてくると、肌のターンオーバーが若い頃に比べて低下しやすくなり、肌の角質といった老廃物が肌に残りやすくなってしまうことがわかりました。そこでまず導入することにしたのが、肌の古い角質などを綺麗に落とすことができるクレンジングクリームです。
今まではオイルタイプやリキッドタイプを利用していましたが、クリームタイプのクレンジングは肌のマッサージを行いつつメイクも落とせるWケアが可能になっています。また保湿効果も高いので、実際に使用した後も肌がツッパる感覚はなく、肌にもっちりとした弾力が出たので驚きました。継続して利用したところ、肌のざらつきやゴワツキが改善して、柔らかく明るい肌質に改善することができました。
もう一つ導入することにしたのが、化粧水の前に使用する導入美容液です。安いものであれば1000円台から購入することが可能で、非常にリーズナブルなのに、通常のスキンケア化粧品の浸透をぐっと高めてくれるメリットを持っているので、利用してよかったと感じています。肌のコンディションが改善するようになり、メイクのノリも良くなります。

by haruka55ino | 2017-10-29 11:19

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
毎日クレンジングでメイクを落として、洗顔もきちんと行い、最後には保湿ケアとしてスキンケア化粧品を利用してお手入れを行っています。しかし若い頃に比べて肌のくすみが目立ちやすくなり、透明感や弾力が落ちてしまったと悩んでいました。そこで毎日使用しているコスメティック化粧品が肌に合っていないのでは?と感じるようになったので、一度普段使用しているコスメティック化粧品を見直して、今の自分の肌質に合っている化粧品を一から探すことに決めました。
今まで使用してきたコスメティック化粧品は、若い時から自分の肌に合っていると感じていた化粧水や乳液などを続けて利用しており、比較的さっぱりとした使用感の製品が多かったです。しかしある程度年齢を重ねてからは、さっぱり感よりもしっとり感が必要と感じるようになっていたので、保湿ケアが十分に行えていないことが原因なのではと感じるようになりました。そこで年齢肌に適しているエイジング化粧品を利用してみたかったので、以前から気になっていたブランドのエイジング化粧水を使用してみたところ、肌に潤い成分がしっかり浸透して、もっちりと弾力のある肌質になったので非常に驚きました。
また古い角質や皮脂汚れなどが、肌表面に蓄積してしまっていることが肌のくすみの原因だと感じたので、手軽にマッサージをして顔のお手入れを行うことができるオイルクレンジングや、コールドクリームを導入することに決めました。特にコールドクリームはどのドラッグストアでも手に入ることが可能で、製品によってはマッサージケアのレクチャーが掲載されている製品も多いです。毎晩メイク落としの一環として、マッサージを導入するようになった所、肌の気になっていた乾燥が改善されて透明感が出るようになりました。お手入れ自体は時間もコストもかからず、リフレッシュ効果も期待することができるので今後も継続してスキンケアとして利用したいと思っています。

by haruka55ino | 2017-10-28 11:18

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
今は様々なメーカーやブランドからコスメティックが出ています。メイクアイテムにしても、お肌のケアをする時にも毎日使いますが、選ぶ時には何を基準に選んでいますか。やはり一番重要なことは自分のお肌に合う物を使うということです。例えば肌の状態は年齢とともに変わってきますし、季節だけをみても乾燥してしまったりベタついたりということも出てきます。年中同じ化粧品を若い時からずっと使い続けているという場合には、一度見直してみることも必要でしょう。
そこでスキンケアのコスメティックを選ぶ際に、どう選んで良いのかということから考えていきます。CM広告で見たから、美容系雑誌で取り上げられていたからということでまず使ってみようと購入するケースも多いかもしれません。ファッションなどと同様に流行もありますし、話題になっている美肌成分が配合されていることなど興味深いものもあります。しかし、まず使ってみる時に参考になるのはコスメの口コミやランキングです。
最終的には使ってみて自分の肌に合うかどうかを確かめる必要がありますが、多くの方が使ってみて良いと感じるものやリピートしているものはそれだけ理由が必ずあるということも考えられます。ランキングで上位に入っているものは、使ってみての満足度が高いことも想定されますし、失敗するリスクも少ないでしょう。そのためランキングが上位になっているものから試してみるのもおススメです。
また医療の世界と同様に、美容業界でも研究がどんどん進められていますので、新しい有効成分が開発されてそれが配合されているものは試してみる価値があります。今までの化粧品よりもアンチエイジング的な効果が高いことも想定されますし、こちらも口コミや体験談なども参考にして選んでみると良いでしょう。
最近では通販限定の専売品などもたくさん出ていますし、ドラッグストアや百貨店以外でも購入することができる場合もありますので要チェックです。

by haruka55ino | 2017-10-27 11:17

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
毎日きちんと洗顔やクレンジングを行い、スキンケア化粧品でお手入れを行っているという方は多いですが、季節の変わり目や加齢に伴う肌質の変化で肌が乾燥しやすくなったと感じる女性は少なくありません。きちんとケアをしているのに、肌の乾燥やくすみ、透明感がなくなったなど肌質に変化が見られる場合、普段のスキンケアが肌に合っていない可能性が出てきます。このように肌質の変化を感じる方の多くは、若い頃から同じメーカーのコスメティック化粧品を利用している女性は多いといわれます。
一度自分の肌に合っていると感じた化粧品は、そのまま継続して利用する場合が多いのですが、肌は年々変化をしていき若い頃に比べても肌の保湿成分が不足しやすくなっていきます。そのため若い頃は比較的さっぱりとした使用感のコスメティック化粧品でも十分だった場合も、年齢を重ねると肌本来の潤いが不足してしまうので、さっぱりとした使用感では潤いが不足してしまうのです。
最近では多くの化粧品メーカーから、エイジングケアが行える化粧品も多く登場しており、年齢肌に合わせたお手入れを行うことが可能になっています。そのため毎日のケアでは肌に十分な美容効果を与えることが出来ないと判断した場合は、一度スキンケア方法を見直すことが大切になるのです。エイジングケアが行える美容成分が含まれている化粧品は、高価なものからリーズナブルなものまで種類は豊富です。高価な化粧品を利用することが出来るのであれば問題はありませんが、エイジングケアの基本は継続することだといわれています。そのため無理に高価な化粧品を使い続けるよりも、自分の生活スタイルにあったエイジングケア化粧品を探して、継続して利用し続けることが美肌への近道となります。
まずは自分と同じ世代の女性が、スキンケアに使用している保湿化粧品をチェックすることをおすすめします。美容情報サイトや雑誌などに詳しく特集が組まれていることが多いです。

by haruka55ino | 2017-10-26 11:17

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
乾燥肌に悩んでいる方の多くは、元々自分の肌質が乾燥肌であると考えている方は多いです。しかし中には自分の肌質を正しく理解せずに、肌質にあった適切なスキンケアが行えていないことが乾燥肌にしてしまっている可能性も少なくありません。最近では一見肌が潤っているようでいても、肌の内部の潤いが不足してしまっているインナードライ肌の女性はかなり増えてきています。
この理由の一つとして肌のテカリなどが目立ちやすくなり、保湿を十分に行わないことで肌内部の乾燥が進行し皮脂分泌が通常よりも多く起こりやすくなってしまうようになります。インナードライ肌の方の多くは、主にメイクをした時に朝しっかり仕上げても、数時間後にはファンデーションが浮いてしまいメイク直しを何度も行わなくてはいけなくなる症状の方に多い傾向にあります。
これは日頃のスキンケアで保湿が十分に行えていないことが影響しており、肌の潤いが不足することで皮膚が肌を潤すためにも通常よりも多く皮脂分泌を行ってしまいます。Tゾーンのテカリが起こりやすい方の多くは、保湿不足の症状を疑いましょう。最近ではテカリが多い肌質は脂性肌と勘違いしてしまう方も多く、スキンケアで保湿に特化した化粧品ではなく、さっぱりとした使用感の化粧品を使いがちです。これでは十分な潤いを肌に与えることができなくなってしまうので、まずは普段のお手入れ方法が自分の肌質にあっているのか見直すことが大切になります。
特に年齢を重ねてから、肌が乾燥しやすくなったり敏感肌になったという方は、加齢に伴い肌のバリア機能が低下しているサインです。まずは肌の潤いを補給するためにも、化粧水や乳液、クリームなどを見直し、肌に不足している潤いを補うことが出来る製品に切り替えるようにしましょう。最近ではエイジングケアが行えるコスメティック化粧品も数多く登場しているので、コスメティック情報サイトを参考に、自分にあう化粧品を見つけることが大切です。

by haruka55ino | 2017-10-25 11:14

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
現在、効果を実感しやすい化粧品は各メーカーから色々発売されていて、販売員の方から商品に含まれている美容に良い成分などの説明から使い方まで詳しく紹介してくれるので、何の不安もなく安心して使えるものは多数あります。疑問や不安に感じていることにも質問出来てそれにも応えてくれます。
人は年齢を重ねていくとどんどん肌の老化が進んでしまいますが、若い頃はそこまでお手入れを入念にしなくても、まだ元に戻る感じがしていました。でも、30代ぐらいから肌のハリやツヤなどもなくなってきて顔にも年齢が出やすくなってくるので油断は出来なくなってきます。そこで重要なのが自分にあったコスメティックを探すことで、実際に自分の年代にあった化粧品を使うことで、肌へハリやツヤも出てきて若返ってきたりこれまでに肌荒れなどで悩んでいても、その悩みが解消出来たりすることもあります。
とくに美肌を目指すときにはコスメティックは大変大切で、化粧品も色々な種類がありますが中でも基礎となるスキンケアは重要な役割を持ってます。化粧水や乳液にクリーム、パックやクレンジングに洗顔料など実に豊富に揃っていて、肌の状況などにあわせて最適なものを使い分けていく必要があります。
洗顔料を使う時にも専用のネットやスポンジを使い、きめ細かく濃密な泡をていねいに作ってからぬるま湯で洗い、化粧水や乳液は洗顔後、出来るだけ感想をしない間に素早く肌へ塗ることが欠かせません。
塗る時にも注意が必要で、単に適当に顔に付けるだけでは本来の効果が出ないため、手で押すようにして気になる部位にはたっぷりの量を使ったり、状況次第で二度つけたりします。化粧水で肌の状態を綺麗に整えたら、保湿が逃げないように乳液やクリームなどを使いしっかりと蓋をします。蓋をすることで美容成分や潤いを逃すことなく肌へと閉じ込めることが出来ます。多少時間がかかりますが、美容成分を閉じ込めておくことで綺麗な肌を保つことが可能です。

by haruka55ino | 2017-10-24 11:13

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
肌を綺麗に維持する為にも、日頃からスキンケアにじっくり時間をかけているという女性は少なくありません。しかし仕事をされている社会人の方にとって、朝のお手入れはどうしても時短ケアに済ませてしまう方も多いため、一日の疲れが肌に出やすくなってしまうと言われています。少しでも綺麗な素肌を維持して、年齢を感じさせない肌質を手に入れる為にも、帰宅してから空いた時間を利用してじっくりスキンケアを行う事で、翌日に今日の疲れを残さない事が重要になります。
特に季節によっては、空気が乾燥していたり、紫外線量が強くなって肌質にダメージがかかってしまっている可能性が高いです。そうなると肌の老化は進行しやすくなるので、まずは肌に十分にうるおいを与える為にも、毎日できるだけ湯船に浸かる習慣をつけることをおすすめします。
シャワーは短時間でお風呂を済ませることが出来ますし、汗をかいたときなどにさっと入ることが出来るメリットがありますが、湯船に浸からないと毛穴の汚れがきちんと落としきることができなくなります。そのため毎日シャワーで済ませてしまっている方で、運動不足の方の場合汗をきちんとかく事ができないので毛穴の汚れが詰まりやすくなり、肌トラブルや体臭トラブルにつながる可能性があります。
しかし湯船につかることで、お風呂の蒸気がスチームの代わりとなり肌に十分な潤いを与えつつ、汗を適度にかくことが出来るので、老廃物のデトックス効果を期待することが出来ます。お風呂に入るだけで美肌効果を得られる上に、更にリラックス効果もえられるので、一日の疲れを癒やす方法としては非常に重要になります。
コスメティック化粧品を利用する場合も、肌に不足している美容成分を補うコスメティック化粧品を選択するようにすると、肌の乾燥などをきちんと補って、潤いが続く弾力肌に仕上げることが出来ます。お風呂上がりは肌が乾燥しやすいので、好きな香りのボディクリームなどでしっかり保湿をするようにしましょう。

by haruka55ino | 2017-10-23 11:13

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
古くから人々は内面も外見においても美しくありたいと願い、努力やその実行を時間や労力を費やし、美というものを今尚追求し続けています。諸外国でもまた進化を遂げている、美に対して使われるものを一般的にコスメティックと称し、広い意味を持っており様々なカテゴリーで活用される人間にとってとても身近な存在でもあります。
外見の肌や髪に直接施しを入れるもの、化粧品やヘアワックスなどがコスメティックとして分かりやすいものですが、これを細分化するだけでもその多様性は様々です。肌に使う化粧水、乳液からファンデーションやチーク、顔の上部だけで言えば眉毛を描きまつ毛を作りまぶたや目の印象が映えるアイラインなどなどを施す際に使用するもので、それらは人によって個性が別れ外部に見て貰いたい欲求と美意識から外見に施しを入れる行為は世界共通でもあります。
これによって心身共に安定や活力を見出だす人も少なくありません。
通じて、シャンプーやボディケアなど、目には見えませんが体を清潔に保つということも大切な美しさであり、その際に使用するコンディショナーやボディソープは衛生的にも重要なポイントとなっていきます。またドラッグストア等ではこれらの商品が目移りする程、種類豊富に並んでいます。人の髪や肌の質は、十人十色です。自分の体の状態に合った衛生用の品を上手に活用することも忘れてはいけない点になります。
これらはその内面にも繋がることになりますが、特別なことではなく常時体の内側から清潔にすることを指し、歯を磨くことや耳掃除をすることや他にも多数日常で内面から美を保つ事項はあって当然です。この時使用する歯ブラシや綿棒も立派なコスメティックとなり、これをおざなりにしていると、口臭や肌質にも関わっていきますのでちょっとした自己管理というものは美意識に繋がり、内面と外見は直結しているということが明らかにもなります。
総体的に見れば、精神的なことも十分に関わります。睡眠や食事の質で肌荒れ、抜け毛などが出ることも事実です。これらの不摂生を防ぐと同時に心の安らぎも取れると心身のバランスが強くなり、本来の意味での美しさと健康というものが結び付いていきます。

by haruka55ino | 2017-10-22 11:12

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
年齢を重ねるごとにお肌は老化していきますが、とりわけ多い悩みがたるみ・ほうれい線のトラブルです。一度できてしまうとすぐに改善することは難しいので、地道にエイジングケアを行っていくことが欠かせません。すでにたるみ・ほうれい線が気になり始めているのであれば、適したコスメティックを使用することをおすすめいたします。
重要なのは潤いやハリのあるお肌を育成することなので、美容液を取り入れていただきたいです。潤い・ハリ・弾力に効果がある化粧水や保湿クリーム等も販売されていますが、余分な成分も含まれていますし有効成分の配合量が少ないです。美容液ならたっぷりと含まれていて、毎日使い続けていくうちに効果が実感できるようになるのでとても良い方法です。
なるべくお肌の角質層まで届くようなコスメティックを選ぶことも大切です。もちろん化粧水や保湿クリーム等もエイジングケア向けの商品を使うようにしてみてください。有効な成分としてはコラーゲン・プラセンタエキス・発酵エキス・セラミド・レチノイン酸などが挙げられます。実際にスキンケアをする時には、手のひらを使いながら丁寧にお肌に馴染ませるようにします。片方の手でお肌を少し持ち上げるように引っ張りながら、もう片方の手で基礎化粧品を塗るようにすればキメの奥まで浸透させることができます。ほうれい線やたるみが気になる部分は、指で何度か重ね付けしていただきたいです。化粧水を使用する際には決して叩き込まないようにしましょう。叩いても痛みを感じるだけで意味はありません。
このような方法ではあまり効果が感じられない場合は、美顔器も一緒に使い始めると良いです。ローラーがついているものや、筋肉運動・リフトアップが行えるタイプの美顔器を試してみるのもおすすめです。最適な基礎化粧品を使いながら地道にスキンケアをしていけば、たるみ・ほうれい線を改善し、予防することができるので試していただきたいです。


by haruka55ino | 2017-10-21 11:06