カテゴリ:未分類( 143 )

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
美容研究サークル「IPS」は、効果を実感することができる化粧品に注目しています。効果を実感できる化粧品には様々なものがありますが、販売員の方が製品に関することや使用方法などについてしっかりと説明してくれるので、安心して利用することができるものもたくさんあります。分からないことや不安に感じていることなどを質問することが可能です。
人は歳を重ねるごとにだんだんと肌が老化していってしまいます。若い頃はそれほどお手入れをしなくても何とかなっていたという場合でも、年齢を重ねていくうちにハリやツヤなどがなくなって顔に年齢が出てきてしまうので注意が必要です。自分の年齢に合った化粧品を見つけることが大切です。実際に自分の年齢に合った化粧品を使用すると、肌にツヤやハリが出て若返った、これまで肌が汚いことに悩んでいたけれどその悩みを解消することができたなどと意見が出ています。
美肌を目指したいと考えている場合は、化粧品が非常に重要となってきます。化粧品と一言で言っても様々な種類のものが存在していますが、その中でも大事なのがスキンケア用のものです。化粧水や乳液をはじめクリームやパック、クレンジング、洗顔料などいろいろなものがあるので、状況に応じて最適なものを使い分けることが大事です。
洗顔料を使用する場合は、スポンジやネットなどを使って濃密できめ細かい泡になるようにします。化粧水や乳液は顔を洗った後乾燥しないうちに素早く肌に塗ることが重要です。塗る際は注意が必要で、ただパシャパシャと顔につけるだけでは高い効果を発揮することができません。手で押すようにしてたっぷりの量をつけたり、場合によっては二度づけしたりすると良いです。化粧水で肌の状態を綺麗にした後は、乳液やクリームなどを用いてしっかりと蓋をしていきます。蓋があることで美容成分や潤いなどを肌に閉じ込めることが可能です。多少手間がかかってしまいますが、成分を閉じ込めることで美しい肌に仕上がります。

by haruka55ino | 2017-10-15 15:25

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
家庭用脱毛器は家で気軽に脱毛ができるので、使用する人も多いです。機種によっては脱毛できるだけでなく、美容系アイテムとしても利用できます。脱毛器として値段が高く感じる人もいますが、美容系アイテムとして美顔機能も付いているならコストパフォーマンスとして悪くありません。サロンに通って脱毛したり、フェイシャルを受ける価格からすると手軽にできます。
脱毛器と美顔機能が一緒に付けられる理由は、波長や光の強さの違いだけだからです。エステではフォトフェイシャルなどと言われています。短い波長のものは、角質に作用して古い角質を剥がす効果が期待できます。古い角質は肌がくすむ原因にもなるので、除去することで透明感のある肌につながります。また、化粧水の浸透力を高められるので潤い肌が手に入れられます。
中間の波長は表皮に作用します。メラニン色素を破壊する効果があるので、シミやソバカスの改善が期待できます。あくまでも表皮に作用するので、肌の奥のシミには効果がありません。
長い波長のものは、コラーゲンの生成を促進してくれます。真皮に作用するので、コラーゲンを作る綿維芽細胞を活性化してくれます。コラーゲンが生成されると、肌にハリを与えてくれてニキビや赤ら顔にも効果が期待できます。赤ら顔に効果があるのは、毛細血管に作用して赤みを引かせてくれるからです。また、ニキビなどの皮膚疾患を改善してくれます。
短い波長は脱毛でも同じ波長が出ているので、脱毛と同時に美肌になれます。脱毛器の中には、美肌効果をうたっているものもあります。しかし、長い波長は脱毛では出ていないので専用のカートリッジに交換できる機種になります。美容系のアイテムは、綺麗になれるからといって過度に使用するとかえって肌に負担をかけてしまいます。脱毛器に付いている美顔機能も同じで、適切な間隔で使用することが大切です。また、使用する前後のケアもすることでより効果が期待できます。


by haruka55ino | 2017-10-14 15:24

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
口元のほうれい線や目の周りの乾燥小じわが気になり思いっきり笑うことが出来なくなってしまった、年齢が進むにつれて代謝も落ちてきてコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやエラスチンなども不足しがちで肌トラブルが多発する、今まで使っていた化粧品が急に合わなくなりスキンケア効果も感じられないなどの肌のエイジングにまつわる悩みやコンプレックスを抱いているという方は多いのではないでしょうか。
これらの悩みやコンプレックスを解消させるためには、エイジングケア化粧品で攻めのアプローチをして年齢を感じさせない美肌をつくるのが有効です。エイジングをストップさせて若々しさを取り戻すためには思い切ったアプローチが必要になりますので、コラーゲンやプラセンタやエラスチンやヒアルロン酸やセラミドやアスタキサンチンやコエンザイムQ10やビタミンC誘導体などの美容成分を高濃度で贅沢にたっぷりと含んでいる価格帯も高めな高機能な化粧品を使用するのがおすすめです。
エイジングケアにおいて最も重要になるアプローチが保湿です。保湿を徹底的に行うことで角質のバリア機能が向上し、肌細胞の再生リズムや肌のターンオーバーも正常化されて水分と油分のバランスがとれた健康的な肌環境をつくることが出来ます。健康的な肌環境に整えておくことで化粧品の効果も実感しやすくなります。
保湿ケアの高さを求めるなら、浸透力の高さにもこだわることが大事です。エイジングが進んだ肌は化粧水がなかなか浸透していきませんので、美容成分が低分子化されていて角質層の奥深くまで入り込んでいくことが出来る化粧水を選んだり、導入美容液で化粧水の浸透を促進させたりする工夫が必要になります。皮膚の表面だけで潤うものではなく、角質層までしっかりと潤いで満たされるエイジングケア化粧品を選ぶことが保湿効果のアップに結び付き、ひいては効果的で効率的で確実なスキンケアにつながります。若返りのために早めに始めてエイジングをストップさせましょう。


by haruka55ino | 2017-10-13 15:24

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
美容系コスメを利用する上で、肌のコンディションの状態を正しく理解していないと、適切なスキンケア化粧品を選ぶことができなくなるため、適切なお手入れが行えなくなる可能性が出てきます。そのため普段から適切なお手入れを行うためにも、定期的に肌質のチェックを行うようにすることが大切です。
年齢と共に肌の乾燥が気になってきたという方は、しっかりスキンケアを行っているつもりでもケアを行ってから時間が経つと、肌のハリや弾力がなくなり、かさつきが気になったりメイクの乾燥が気になるようになります。肌の乾燥が進行すると、通常よりも皮脂の分泌が多くなる傾向にあるので、肌がテカりやすくなる恐れがあります。そうなると多くの方は自分自身の肌質は脂性肌だと勘違いしやすいのですが、実際は肌の乾燥が原因の可能性があるので、基本となるスキンケアを徹底して見直し、保湿に特化したスキンケアを行うことをおすすめします。
若い頃から同じ美容系化粧品を利用しているという女性は多いですが、実際は年齢と共に肌質が変化しているため、若い頃から利用していた化粧品だけでは肌のコンディションを維持することができなくなる恐れがあります。そのことから肌の老化が気になるようになってきたら、まずはエイジング化粧品を利用してみると非常に便利です。エイジング化粧品は加齢で顕著にあらわれる肌の乾燥などの対処が行えるように、保湿成分が豊富に含まれている特徴があります。また通常は肌の角質まで浸透しにくい保湿成分の分子を小さくすることで、肌内部まで美容成分が浸透するように作られているので、より保湿効果をアップさせることができるメリットがあるのです。
エイジング化粧品といっても、様々なメーカーから商品が販売されており、価格も幅広いのでまずは使いやすい金額の製品を選択してみたり、実際に利用している方の口コミ評価などを参考にしてみると、自分の肌トラブルにあった適切な化粧品を見つけることができるようになるのでおすすめです。


by haruka55ino | 2017-10-12 15:23

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
ドラッグストアやインターネット販売など、化粧品は世の中に溢れています。たくさんありすぎてどれを選んで良いのか悩んだことはありませんか。人気がある、またはリピートされやすい化粧品にはどのような特徴かあるのでしょうか。スキンケアの基礎である基礎化粧品ですが、まずクレンジングについて見ていくと、メイクをしっかり落とせるか、毛穴の黒ずみや角栓もすっきりさせるタイプのオイルクレンジングが人気です。時間をかけずにお風呂に入ったついでに濡れたままの手でスルッと落とせてします使いやすさが良いのです。また、肌表面の角栓をポロポロと絡め取る週に一度ほどのケアでツルツルになるタイプは、実際に手で触れて目でよごれを確認できるのですっきり感が増します。この作業をしっかりとやっておかないと、洗顔フォームでよごれをキレイに落としきることはできません。洗顔フォームは美容成分が配合されていて肌表面の油分を取り過ぎず、保湿しながら洗顔できるタイプが良く、泡のタイプはズシっとしたもっちりタイプが人気です。クレンジングができていないとあとから入る化粧水の浸透力は変わってきます。よごれが残っているとお肌が荒れる原因になったり、浸透するところにムラができてしまってせっかく高い化粧水を購入したとしても効果を発揮することができなくなるのです。
ドラッグストアでの手軽な化粧水だと、大きいプラスチックボトルに入った様な化粧水はよく売れるようで、安価で量が多いのでバシャバシャと多めに使いやすく、気兼ねなく顔だけでなく胸や背中、手足の保湿に使えるようでお風呂上がりにこれ一本で済ませてしまうという方もいます。また、コットンにたくさん含み毎日の夜のケアにパックとして使用するという使い方もあるようです。美容やクリームでは保湿力とともに、今は無添加や天然素材を使用することにこだわっている傾向が強いといえます。敏感肌やアレルギー体質の方の増加が背景にあると考えられます。


by haruka55ino | 2017-10-11 15:22

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
年齢を重ねていくと、シミやそばかす・フェイスラインのたるみやハリの低下など、さまざまな肌トラブルがあらわれてきます。これらを効果的にケアしていくには、美容系情報をうまく活用していくことがポイントになってきます。
スキンケアを効果的に進めるためには、自分の肌質を充分に理解して美容系情報を探すことが大切です。さらに肌質は年齢や季節・生活環境や習慣によって変化するので、こまめに自分の肌コンディションに気を配るように心がけましょう。
肌質を大きく3つに分けると、オイリー肌・乾燥肌・混合肌に分類できます。オイリー肌は皮脂の分泌が多い状態で、10代や20代など若い世代に目立つ肌質です。特に成長期段階はホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌も多くなるので注意が必要です。
オイリー肌をケアするには皮脂を取り除くことばかりに意識が向かいがちですが、化粧水でしっかりと保湿することが大切です。何故なら、保湿をして肌の水分量をあげることで皮脂とのバランスが整い、肌のテカリが目立ちにくくなるからです。
乾燥肌も化粧水や美容液などで保湿成分を補っていくことが大切です。さらにクリームや乳液など油分のあるスキンケアアイテムを使用して、肌にフタをすることを意識してみましょう。スキンケアの最後に油分のあるアイテムを使うことで、肌にフタをすることができ、水分の蒸発を防ぐことが期待できます。目元や口元など肌が乾燥しやすい部位は、何度も化粧水をつけるだけではなく、クリームなどで油分を補っていくことがポイントです。
混合肌は肌の部位によって皮脂のテカリが目立ったり、カサカサと乾燥してしまう肌質で、ケアが難しいのが特徴です。上手にスキンケアをおこなうには、肌トラブルにあわせてスキンケアアイテムを使い分けるのがコツになります。クリームや乳液は肌の乾燥が気になる部分だけに使用するようにしましょう。皮脂の分泌が目立つおでこや鼻に、収れん化粧水を使用するのも1つの方法です。

by haruka55ino | 2017-10-09 17:50

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
酵素は体のターンオーバーを向上させることで知られていますが、体に必要不可欠な栄養素とも言えます。通常は人の体に備わっているのですが、年齢とともにその量も低下しやすくなります。それが原因となり体の代謝も落ちますし、血行が悪くなって冷えたり便秘になりやすくなるという様々なトラブルが発生します。
野菜やフルーツから抽出された酵素成分が配合されている酵素ドリンクを食生活に取り入れることにより、日常の食事の中では摂取しきれない栄養素をバランスよく摂取することも可能です。普段の生活に酵素を取り入れるだけでも効果を上げることができますが、ダイエット効果をより効率よくさせたいときは一日三食の内、一食を酵素ドリンクに置き換える方法もあり、「置き換えダイエット」と呼ばれていて人気もあります。
このように一食分をドリンクに置き換えることによって、腹持ちはあるがカロリーは低めで必要な栄養は補給することができます。他の二食は通常通りの食事をとることができるので、無理な食事制限が続かない人にとっても長続きさせやすい方法となっています。

それから、美肌のための化粧品の使い方ですが、化粧品を使うときはただ肌の上にのせるのではなく、手のひらで丁寧に顔全体を包み込む感覚でハンドプレスすることがあります。また、重ね付けをしたりシートマスクへ化粧水を含ませてパックすることもあります。コットンで部分的なパックをする方法もありますが、様々な方法でしっかりと肌になじませることが大切なポイントになります。
潤いに満ちた肌ができ上がれば、その次に使う化粧品の浸透もよくなりますし、美容成分を肌の中に効率よく届け作用させることが可能です。
スキンケアが終盤に近づくとオイル・クリーム・乳液などで、水溶性の化粧品が蒸発しないように蓋をし潤いキープをします。皮脂の分泌が多めだという人は、顔がテカりやすくベタつくこともあるのですが、夏は特に汗の分泌も多くなるので仕上げのオイル・クリームを省く人もいます。
しかし、これは一番してはいけないことと言われていてせっかくなじませている化粧品がもれなく蒸発してしまうので、さっぱりタイプのクリームで蓋をする習慣をつけます。このようなスキンケアで少しの手間をかけることで、美肌を保つことができます。


by haruka55ino | 2017-10-08 17:49

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
新作コスメ、効果的なスキンケア方法、最新のメイクアップ方法、美肌づくりのためのちょっとした豆知識などの美容系の情報をゲットするためのおすすめの方法として、美容系インスタグラマーをフォローしてチェックするという方法があります。
インスタグラムの普及が進んだことにより、インフルエンサーも急増中です。インフルエンサーとは世間に当てる影響力が大きい人のことで、インフルエンサーは常に最新の情報を発信し続けています。
美容系のインスタグラマーもインフルエンサーとして化粧品の紹介やスキンケア方法やメイクアップ方法などをアップしています。お気に入りのインスタグラマーをフォローしておくと、様々な情報を幅広くゲットすることができるのでとても役立ちます。発売されたばかりの新作コスメを使ってみた感想をいち早くアップして情報提供する人もいますし、メイクアップの工程を早送り動画でアップしてくれる人もいます。
美容系のインスタグラマーはたくさんいますので、自分が求めている情報を発信してくれる人を選んでフォローするということが重要なポイントとなります。フォローする人を選ぶ際のチェックポイントとしては、ファッションやメイクやヘアスタイルなどが自分の好みとぴったり合っているかどうか、更新する頻度や注目度や信頼度や人気や評価の高さや発信する情報量やコメントの件数やフォロワー数の多さ、画像や動画の綺麗さや鮮明さや加工や編集の上手さやセンスの良さなどがあります。
ハッシュタグで検索して探してみるという方法もおすすめです。フォロワーの質問に対して丁寧に答えてくれる人もいますし、フォロワーのリクエストに応じて画像や動画をアップしてくれる人もいます。美容に特化せずにファッションやライフスタイルやインテリアや旅行など幅広い情報を発信している人も多いです。フォロワー同士で情報を共有することもできるので、どんどん美容系の情報に詳しくなれます。


by haruka55ino | 2017-10-07 17:48

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
化粧品は美肌をつくるためには必要不可欠なものです。化粧品にはスキンケアを行うためのものとメイクアップをするためのものがありますが、美肌づくりにおいて欠かせないのはスキンケアを行うためのものです。クレンジング、洗顔料、ブースター、保湿化粧水、ふき取り化粧水、ピーリング剤、美容液、乳液、クリーム、オイル、パック、アイクリーム、オールインワンゲルなどがそれにあたります。
これらの化粧品の効果を最大限に活かすためには、スキンケアにおけるちょっとした工夫が必要になります。洗顔料は泡立てネットやスポンジなどを用いて弾力のある濃密な泡をたっぷりとつくることが重要なポイントとなりますし、洗顔後は化粧水を肌に馴染ませる前にブースターを馴染ませて角質を柔らかく滑らかに整え、化粧水の浸透を良くするための下準備をしておくことが保湿力アップに繋がります。
化粧水を肌に馴染ませる際はただパシャパシャとつけるのではなく、ハンドプレスでたっぷりと二度づけしたりシートマスクを用いてじっくりと浸透させたりすることで効果を高めることができます。ブースターと化粧水で肌の状態を整えておけばその後に使用する美容液やアイクリームの浸透も良くなり効率的に肌にアプローチすることができるようにもなります。
化粧水や美容液を馴染ませた後は、必ずクリームやオイルや乳液などの油分が含まれている化粧品で蓋をすることを忘れてはいけません。蓋をしないとせっかく肌に浸透させた潤いや美容成分を閉じ込めておくことができなくなってしまうからです。最後のこのひと手間で潤いキープ力を格段に高めることができます。
パックをする際は、施す時間が短すぎても長すぎてもNGです。ピーリング剤は毎日使用するのではなく、1週間に1~2回くらいのペースで使用しましょう。使用し過ぎると肌への負担が大きくなり逆効果になってしまうからです。このように、ちょっとした工夫をすることで化粧品の効果を最大限に活かすことができれば美容効果の底上げに結びつきますので、スキンケアにおける一つ一つの工程を丁寧に行うことを意識しましょう。


by haruka55ino | 2017-10-05 17:11

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
肌の黒ずみというと年齢を重ねることで起こるシミをイメージする人が多いですが、ニキビ跡や日焼けによるそばかすも肌の黒ずみに含まれます。そのため、幅広い年代で悩む人が多い肌トラブルと言えます。
肌の黒ずみをケアするには美白成分の活用が効果的ですが、一言で美白成分といってもたくさんの種類があり、それぞれの働きも変わってきます。ですので、どの美白成分が黒ずみケアに有効なのが、美容系の重要ポイントを抑えることが大切です。
美白成分は主に2つのタイプに分けることができます。シミなどができないようにする働きに優れているものと、できてしまったシミを薄くする効果があるものの2つです。これにより自分がどのような美白効果を得たいのか、それを見極めて美白成分を選ぶことが、美容系の重要ポイントになってきます。
アルブチンは厚生労働省が認可している医薬部外品美白有効成分で、チロシナーゼという酵素の働きを抑えます。トラネキサム酸も同様に厚生労働省認可の美白成分で、肌トラブルによる赤みを抑えたり、メラノサイトの活性化を抑制するという性質があります。これらの働きにより、肌の黒ずみの原因となるメラニン色素が増えるのを予防できるので、シミなどができないようにする働きに優れているのが特徴です。肌の黒ずみに悩み前に使うことで、美肌をキープすることが期待できます。
ビタミンC誘導体はメラニンの排出を促し、肌に沈着した色素の改善を進めることができます。そのため、肌にできてしまった黒ずみを薄くしたい人におすすめの美白成分です。ビタミンC誘導体と同じように、肌の黒ずみ改善によく利用されるものにプラセンタエキスがあります。このプラセンタエキスは肌の新陳代謝をアップさせる働きに優れているのが特徴です。そのため黒ずみケアだけではなく、バリア機能もアップでき、新しくシミやそばかす・ニキビ跡ができるのを予防できるのも嬉しいポイントと言えます。


by haruka55ino | 2017-10-04 17:11