安い化粧品を惜しみなく使って保湿をしっかりと

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
化粧品って高ければ高いほど効果が期待できると思っていませんか。もちろん高い化粧品には効果を実感できる素晴らしい成分が含まれています。若いころは高い化粧品をいろいろと試して金欠になってしまったこともあります。でも高い化粧品を無理して買わなくても潤いのあるきれいなお肌を保つことができるのです。
どうしたらきれいなお肌になるのかというと、毎日きちんとメイクを落とした後1日の汚れを洗顔で落とし、化粧水を使ってしっかりお肌の奥まで水分を与えてあげることです。このときに化粧水をコットンなどでパタパタとつけてあげるのではなく、化粧水を手のひらにたっぷり出してパシャパシャとつけます。そのあとにギュッと奥まで浸み込むように手のひらでお顔を押さえてあげてください。翌朝起きた時にほほがスベスベになるのできっと驚きますよ。1日の終わりにこれを継続して行うだけで透明感のあるみずみずしいお肌になっていきます。高い化粧水だとパシャパシャ使うのをためらってしまうのですが、安くて大容量のボトルを購入すれば惜しみなく使うことができます。できるだけ保湿成分が入っているものを選んで購入するといいですね。
ドラッグストアなどで購入することもできますし、インターネット通販で簡単に買うこともできます。私の場合はドラッグストアで生活用品を買い物するときにポイントが貯まるのですが、そのポイントを利用して化粧水を購入しています。洗顔や保湿など基礎のお手入れをするときに安い化粧品を使っている分、メイク用品は頻繁に新作をチェックしてデパートのカウンターで買うことができています。どこにお金をかけるか考えた結果、今のお肌で十分満足できると判断したからです。
若いころはメイクでどれだけ目が大きく見せられるかとか、睫毛を長く見せるかというようなことばかり考えていました。でもだんだん年齢を重ねていくと肌本来の美しさを求めるようになります。そしてお肌の美しさを10年後も保ちたいと思うようになるのです。


[PR]
by haruka55ino | 2017-09-15 16:30