肌質や肌の悩みに合った化粧品選びが美肌への近道

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
美肌は女性にとって永遠の憧れであり、美肌づくりのためのスキンケアは永遠のテーマです。美肌に導くためには、成長ホルモンの分泌を促進させるために睡眠をたっぷりとる、こまめな水分補給や適度な運動で新陳代謝を高める、食生活を改善させたりサプリメントを活用したりする、サロンのフェイシャルエステで肌の悩みに応じた施術を受ける、帽子や日傘や日焼け止めやビタミンCの摂取で紫外線から肌を徹底的に守る、疲労回復やストレス解消や禁煙に努めるなどがあります。
しかし、これらの方法は効果を実感するまでに膨大な時間や手間を要したり経済的な無理が生じて長続きさせることが出来なかったりなどのデメリットも生じます。
そこでおすすめなのが、化粧品でのアプローチです。スキンケアは毎日行うものですので、化粧品を見直すことで効果的に効率的に無理なく美肌に導くことが出来ます。直接肌に働きかけるものですので、最適なものを選ぶ必要があります。自分の肌質や肌の悩みや目的や理想や好みにぴったり合った化粧品選びが美肌への近道となりますので、それぞれを徹底的に比べて最適で最善なものを見つけましょう。
選び方のコツとしては、販売しているメーカーやブランドの信用性や信頼度や期待度や知名度や人気や評価の高さや評判の良さや実績の豊富さ、配合されている美肌成分の濃度や含有量や浸透力の高さ、肌馴染みの良さやテクスチャーや香りや使用感の良さ、特徴や効果効能やコンセプトに共感することが出来るかどうか、容量1回の使用量の目安や値段や総合的なコストパフォーマンスの高さなどに着目することです。
敏感肌の人は無添加で肌へのダメージが少ないものや摩擦による刺激を最小限に抑えることが出来るオールインワンタイプのものが適していますし、乾燥肌が気になる場合はコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が高濃度でたっぷりと配合されているものがお勧めです。
美白に特化するならビタミンC誘導体やハイドロキノンやトラネキサム酸などの成分が配合されているものが最適ですし、肌荒れやニキビケアをしたい場合はグリチルリチン酸などの炎症を抑える成分が配合されていたりするものを選ぶ必要があります。最適で最善なお気に入りの化粧品を見つけて効果的で効率的なスキンケアを実現させて美肌に導きましょう。


[PR]
by haruka55ino | 2017-09-12 16:29