毛穴の黒ずみケアには美容系化粧水

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
顔の肌トラブルで多いのはシミやたるみ、シワやニキビなど様々ですが、中でも毛穴の黒ずみは顔の中心部にある鼻などにも出やすく人の目に付きやすいです。ファンデーションなどを厚塗りして見た目だけは何とか良くしても、それが逆にでこぼこ感が強くなり対策するのが難しいのが悩みです。毛穴の黒ずみは化粧などで隠したりするよりも、自分の肌の悩みにあった美容系化粧水を使ってケアをした方が良いです。
毛穴が汚れて黒ずむのは肌の乾燥が原因で、肌の表面にある角質が剥がれます。角質は本来は目には見えないほど小さいですが、乾燥が酷くなると粉を吹くような感じになります。
一番問題なのは毛穴の開口部の肌で、肌が乾燥するとこの部位の表面がかさついて荒れて、毛穴は皮脂の通り道なので表面がかさつくと、皮脂などの汚れが付きこれが酸化して黒く変色します。
使う美容系化粧水は毛穴の黒ずみの種類によって異なり、毛穴が目立っている部分に触れた時にざらつき感があるときは、角栓や角質が毛穴に詰まっているのでざらざらタイプになります。汚れが毛穴に詰まり酸化すると黒く目立ちます。
このケアには肌を柔らかくし汚れを取り除くことが大切で、保湿成分に優れていてたくさん配合されている化粧水がおすすめです。
毛穴の汚れもなく詰まってないのに黒いときは色素沈着の場合が高く、これは肌にメラニン色素が沈着することで毛穴が黒く目立ちます。これを改善するためには美白成分が配合されている化粧水がよく、ビタミンC誘導体配合の美容系化粧水はメラニン色素の生成を予防して色素還元効果も期待出来ます。
他にも加齢などによって肌がたるんでくると毛穴が黒ずんで見えてきます。一般的に30代以降から多く見られるようになりたるみを放置していると汚れた溜まりやすくなって、ざらざらの肌になることもあるので注意が必要です。
たるみが原因の場合はアンチエイジング効果がある化粧水のスキンケアがよく、不足しがちなコラーゲンやセラミドなどの保湿成分を補いながら、プラセンタエキスなどの肌のターンオーバーを促してくれる成分を加えます。


[PR]
by haruka55ino | 2017-09-07 17:23