美容系化粧水を工夫して毛穴の黒ずみをケアしよう

こんにちは、美容研究サークルIPSの井上はるかです。
顔にあらわれやすい肌トラブルにはシミやシワ、ニキビなどがありますが、毛穴の黒ずみは顔の中心パーツに出やすいので人目につきやすいという特徴があります。コンシーラーやファンデーションで誤魔化そうとすると厚化粧になったり、逆にデコボコが強調されてしまう場合もあるので厄介です。気になる毛穴の黒ずみは誤魔化すのではなく、自分のあった美容系化粧水を利用してケアするのがお勧めです。
毛穴の黒ずみケアに適した美容系化粧水は、毛穴の黒ずみのタイプによって変わってきます。毛穴が目立つ部分を触ってみてザラザラとした感触がある場合は、角栓や角質が毛穴につまっているザラザラタイプに分類されます。汚れが毛穴にぎっちりと詰まり、それが酸化することで黒く目立ってきます。これをケアするには肌を柔らかくして汚れを取り除くように心がけることが重要です。保湿成分がたっぷりと配合されて化粧水を利用してみましょう。
汚れなどの詰まりがなく毛穴そのものが黒いという人は、色素沈着タイプの可能性が高いです。このタイプの毛穴の黒ずみは、肌にメラニン色素が沈着することで毛穴が黒く目立ってくるのが特徴です。ケアするには美白成分が配合された化粧水を利用するのがお勧めです。中でもビタミンC誘導体配合の美容系化粧水は、メラニン色素の生成を予防すると同時に色素還元効果も期待できるのが魅力です。
肌のたるみによって毛穴が黒ずんで見えるという人は、たるみ毛穴タイプに分類されます。このタイプの毛穴トラブルは30代以降に増えてくる傾向があります。たるみをそのまま放置していると、そこに汚れが溜まりやすくなってきてザラザラタイプになってしまう可能性もあるので注意しましょう。たるみ毛穴はアンチエイジング効果のある化粧水でスキンケアするのが最適です。コラーゲンやセラミドなどの保湿成分を補いつつ、プラセンタエキスなどの肌のターンオーバーを促す成分を補充するのがお勧めです。


[PR]
by haruka55ino | 2017-08-26 16:38