美容研究サークルIPSの井上はるかによる紫外線対策講座!その2

こんにちは!今回も美容研究サークルIPSの井上はるかが、紫外線対策について紹介したいと思います。
紫外線対策の方法は数多くありますが、帽子をかぶり、マスクをしてサングラスをかけるというのが一番顔へのダメージを防ぐことができる方法のようです。そんなに身に着けたら熱いんじゃないの!?と思う人もいると思いますが、これがやってみると意外とそうでもありません。もちろん汗はかくので水分補給が欠かせませんが、日差しを避けているだけあって直射日光よりも涼しく感じます。
しかしここで一つだけ注意です。帽子も服も、黒系の色より白系の色にしてください。黒は熱を吸収する色なので、黒い帽子を被ってしまうと熱を吸収して頭がのぼせてしまいます。場合によっては倒れてしまうこともあるので、紫外線対策には白!と覚えておいてください。
最近は様々な日焼け止め製品があるので、それらを使うのは必須といっていいです。ただ、肌が弱い人はひょっとしたらかぶれてしまう成分が入っている場合があるので、購入する前にしっかり成分表を確認してください。とはいえ基本的に日焼け止めは肌にやさしい素材で作られているので、おおむね問題ないと思います。
また、これは精神論になってしまいますが「暑いと思わない」ということも大事です。心頭滅却すれば火もまた涼し、というやつですね。何かに熱中しているとほかのことに気が付かないように、意識一つで暑さや涼しさも変わります。できるだけ暑いと思わないことも日焼けの防止につながるので、意識してみるといいかもしれません。ただ、無理だけはしないでくださいね!
少しずつ日差しが強くなってきたような気がするので、IPSのメンバーたちにも日焼け対策を呼びかけていきたいと思います。
井上はるかでした!
[PR]
by haruka55ino | 2016-03-10 17:46