こんにちは!美容研究サークルIPSの井上はるかです!
販売されている化粧品は、販売が開始される前には厳しい試験を受けて身体に害がないように作られています。しかし直接肌に塗るものですから、体質などによってはかぶれてしまったり、赤くなってしまう可能性があります。あるアンケート結果では、女性の8割近くの人が肌のトラブルを経験したことがあるというデータがあるのです。肌のトラブルが起こってしまう原因としては、使ったときの体調が悪かったり、アレルギー物質が入っていて肌に合わなかったなどの原因が考えられます。
肌トラブルにならなくても、使ったときにヒリヒリとしたりとなんらかの影響が出てくることも考えられるので新しい化粧品を使う前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。新しいものを購入すると、気持ちもワクワクしますからすぐに使ってみて効果を確かめたくなると思います。しかしそこは一度我慢をして、ちゃんと自分の肌に合うものなのかどうかを確かめることが大切なのです。
パッチテストのやり方は、二の腕の裏側や腿の裏側など、皮膚が柔らかくて目立たない部分を利用して行いましょう。しっかりとパッチテストを行う場合には、新しい化粧品を塗ってから水にぬれたりしないようにして、48時間そのままにしておきます。そして48時間立った時にアレルギー反応や赤くなったりヒリヒリしたりといった症状が出ていなければ安全に利用することができるということがわかります。
そんなに待つことができないという人も多いと思うので、簡易的なやり方としては、お風呂に入った後に同じく二の腕の裏などに塗って、24時間ほど放置しておきましょう。そして何も反応がなければまず安心して化粧品を使うことができます。
新しい化粧品をいきなり顔に使うと肌トラブルが起きてしまったときに大変です。ちょっと手間ですが、パッチテストをちゃんと行いましょう。
せっかく買ったのに使えないのではもったいないので、最初はサンプルをもらって試してみるのもいい方法だと思います。

[PR]
# by haruka55ino | 2017-07-23 14:16

年齢を重ねるとどうしても気になってきてしまうのが、肌の乾燥やシミ、シワなどの加齢トラブルですよね。特に20代はお肌の曲がり角といわれているほど、きちんとしたエイジングケアを行えないとどんどん皮膚は老化していくとされています。
そこで口コミ情報サイトなどで多くの女性が注目されている『IPSコスメティックス』の化粧品を知り、偶然にも所属サークル「IPS」と同じ名前で運命を感じましたし、実際に利用してみたいと思いました。IPSコスメティックスはスキンケア、ヘアケア、ビューティー&ヘルスサポートの3つのジャンルで商品展開をしているコスメ専門ブランドで、その中でも特に人気があるのがスキンケア部門から販売されている美容液です。
美容液には日中用と夜用の二種類が販売されており、日中用は紫外線や大気汚染など日中の過酷な環境から素肌を保護する役割を果たす独自の複合成分AOC6やアシタバ葉、茎エキス、ホホバ葉エキスなどの植物由来成分が配合されている特徴があります。洗顔後に化粧水を使用する前に約3プッシュほど日中美容液を手のひらに出して、顔全体に優しくなじませることで皮膚のバリア機能として効果を出すことが出来ます。皮膚に適度な潤いを与えて柔らかく弾力のある状態に整えることが出来るので、小じわやたるみなどの加齢サインなども予防する効果を得ることが出来ます。
夜用は日中に受けたダメージをリセットさせて、皮膚修復を活発化させる効果のある独自の複合成分AOC10とオウゴン根エキスなどの植物由来成分が配合されており、日中用の美容液とは異なり一日の皮膚のダメージから皮膚本来の週副作用を活発化させることで、肌を若々しい状態に整える効果があるので、日中用の美容液と夜間用の美容液を併用する女性が増えてきています。
1本のお値段が12,000円と少しお高めだったので、最初は夜間用の美容液のみ使用していましたが夜適量を肌になじませてから眠ると、朝起きた時の肌の状態が段違いに良いのでその日のダメージから肌を修復させるケアはとても重要だとわかりました。


[PR]
# by haruka55ino | 2017-07-22 11:15

こんにちは!美容研究サークルIPSの井上はるかです!
美容効果の高い手作りパックは台所にあるもので誰でも簡単に行うことができます。
いつでも気軽に行うことができるのも大きな魅力です。
私たち日本人に古くから愛される緑茶も美容に最適なパックとなります。
緑茶で行う緑茶パックはお肌のくすみやシミ、たるみなど肌年齢を重ねたお肌の悩み以外にもニキビや吹き出物にも有効です。
予防と改善、美肌効果を期待できる緑茶パックはアンチエイジングや肌トラブルに期待ができます。
幅広い年代層にぴったりなパックともいえます。
緑茶に含まれるカテキンやテアニン、ビタミンC、ビタミン群やクロロフィルなど豊富な素晴らしい栄養素が飲むだけでなく、お肌に塗ることでもその恩恵を受けられます。
緑茶パックの基本となる材料はとてもシンプルです。
緑茶と小麦粉があればできます。
緑茶は茶葉を粉末状にしてから使用します。
すり鉢やフードプロセッサーなどを使い緑茶の茶葉を細かく粉末状にできれば良いのです。
もちろん最初から粉末状になった緑茶も使用できます。
すぐに使えるのでより便利です。
緑茶パックの基本的な分量として一般的に知られている分量は緑茶1に対して小麦粉が2に比率です。
それに水を適量加え溶いていきます。
このとき水を加える加減がポイントです。
いきなり水を全部投入するのではなく緑茶と小麦粉が混ざり合ったら少しずつ水を加えていきます。
そしてダマにならないように気を付けながら混ぜてください。
お顔に乗せても落ちてこない程度が理想的なテクスチャの目安です。
練れば練るほど粘りが出てくるので耳たぶ位の柔らかさを目安に丁寧にじっくり混ぜ合わせるのがおすすめです。
洗顔後の清潔な状態に塗布し、そのまま約5分から10分放置します。
緑茶パックが完全に乾いてから洗い流すのではなく、パックが完全に乾ききる前にすすぐことがコツです。
完全に乾いてからだとお肌への負担が大きくダメージを与える可能性も無視できません。
コツをおさえることが成功の秘訣です。


[PR]
# by haruka55ino | 2017-07-21 14:14

こんにちは!美容研究サークルIPSの井上はるかです!
化粧品は肌の調子が良ければそのまま何年も同じメーカーで同じものを使い続けてしまうということもあるものです。
ですが年齢とともに肌質も変化しますから、年齢にあったものを使うということも大事です。特に違ってくるのは肌の吸収力です。
どんなに良い保湿成分や美容成分が配合されていたとしても、自分の肌が弱っていたり衰えていたりすれば必要な成分を肌が吸収できないことで、化粧品の効果が感じられなくなることというのもあるものです。
ですからそうならないようにするためにも、毎日使う化粧水などは得に肌の変化を感じたら換えるようにしておくと良いです。
年齢にあったものを使うことで今の自分の肌に必要な成分というのを補うこともできるものです。
一般的に年齢を重ねれば重ねる程肌が欲する成分というのも多くなるので、使う化粧品の費用というのもとても高くなっていくものです。ですから何に重点を置くかで使う化粧品を選んでいきましょう。目立つシミを少しでも薄くしていきたいということであればシミを薄くするための集中ケアができる化粧品というのを使っていくと良いです。
美容ケアに使うすべてのものを高額な良質なものにしてしまうと費用がかかりすぎて継続できないようなことも多いので注意です。
また、高価で高品質の化粧水であっても、勿体無いという気持ちからたっぷりと使えないようであれば意味がないので、たっぷりと使えないようであればリーズナブルな化粧水をたっぷりと使い、肌に潤いを出すようにしても良いです。
大人ニキビや肌荒れ、乾燥の原因は保湿が足りていないということも多いので、年齢肌を感じるようになったら特に保湿をしっかり行うようにもしましょう。
そうすることによって乾燥知らず、年齢を感じさせない肌を維持することもできるでしょう。
また、基本的なこととしてストレスも肌に良くないので、ストレスのない生活にして美肌維持していくことも必要です。


[PR]
# by haruka55ino | 2017-07-20 17:35

こんにちは!美容研究サークルIPSの井上はるかです!
年齢を重ねるとどうしても気になってきてしまうのが、肌の乾燥やシミ、シワなどの加齢トラブルですよね。特に20代はお肌の曲がり角といわれているほど、きちんとしたエイジングケアを行えないとどんどん皮膚は老化していくとされています。
そこで口コミ情報サイトなどで多くの女性が注目されている『IPSコスメティックス』の化粧品を友達から知り、偶然にも私が響きがかっこいいということで付けたサークル名と同じこともあり、実際に利用してみたいと感じました。意味は全然違うんですけどね。
IPSコスメティックスはスキンケア、ヘアケア、ビューティー&ヘルスサポートの3つのジャンルで商品展開をしているコスメ専門ブランドで、その中でも特に人気があるのがスキンケア部門から販売されている美容液です。
美容液には日中用と夜用の二種類が販売されており、日中用は紫外線や大気汚染など日中の過酷な環境から素肌を保護する役割を果たす独自の複合成分AOC6やアシタバ葉、茎エキス、ホホバ葉エキスなどの植物由来成分が配合されている特徴があります。洗顔後に化粧水を使用する前に約3プッシュほど日中美容液を手のひらに出して、顔全体に優しくなじませることで皮膚のバリア機能として効果を出すことが出来ます。皮膚に適度な潤いを与えて柔らかく弾力のある状態に整えることが出来るので、小じわやたるみなどの加齢サインなども予防する効果を得ることが出来ます。
夜用は日中に受けたダメージをリセットさせて、皮膚修復を活発化させる効果のある独自の複合成分AOC10とオウゴン根エキスなどの植物由来成分が配合されており、日中用の美容液とは異なり一日の皮膚のダメージから皮膚本来の週副作用を活発化させることで、肌を若々しい状態に整える効果があるので、日中用の美容液と夜間用の美容液を併用する女性が増えてきています。
1本のお値段が12,000円と少しお高めだったので、最初は夜間用の美容液のみ使用していましたが夜適量を肌になじませてから眠ると、朝起きた時の肌の状態が段違いに良いのでその日のダメージから肌を修復させるケアはとても重要だとわかりました。
IPSでした!
[PR]
# by haruka55ino | 2017-07-19 17:34