こんにちは!美容研究サークルIPSの井上はるかです!
日本は四季がはっきりしていて、そのためかイベントごとも多いように感じます。だからといって、食べすぎには注意しましょう。
食べすぎはお肌にもよくありませんし、そもそも肥満の原因となります。やっぱりスマートな肌を作るためにはスマートな食生活が大事です。イベントだからと理由をつけてあまり食べすぎていると、肌がダメージを蓄積していってしまいます。
特に気をつけてほしいのは、年末年始です。クリスマスから大みそか、そしてお正月…何かとごちそうを食べたり、お酒を飲んだりと飲み食いする機会が多いと思います。
イベント・祝い事なのでそうすること自体は問題ありませんが、出来るだけセーブするようにしてくださいね。
といっても、人付き合いもあるので勧められたものを断ったりしたら悪いな、と思いますよね(^^;)
そういうときははっきりとダイエット中ですと言ってしまう、もしくは「では少しだけいただきます」と言って自分で量を決めてしまう、といった方法がベターです。いろいろな付き合いがあると思うので、その時に合わせてうまく使い分けてください!
また、食べすぎたなと思ったら次の日はプチ断食をするなど、日を分けて調節することもできます。いずれの場合も自分の意志との戦いになりますが、せっかく日々スキンケアをしているので、それが無駄にならないようにしてもらえればと思います。
それではまた次回。
IPSでした!

[PR]
by haruka55ino | 2017-01-31 16:10 | Comments(0)

目元のケアで若さを保つ

こんにちは!美容研究サークルIPSの井上はるかです!今回はスキンケアの中でも、目元のケアについて紹介しようと思います。目元って、ちょっとしわやシミが増えるだけで大きく見た目年齢を変えてしまいます。実年齢は20代なのに目元のしわで一回り上に見えたり、その逆で20歳若返って見えたりといったことが簡単に起こります。普段美容液や化粧水で行っているスキンケアの中でも、目元は特に注意して行ったほうがいいと思います!どうしてそんなに目元だけで変わるの?と思うかもしれませんが、目元の皮膚は、他の皮膚と構造が違います。自分で触ってみてもわかると思いますが、たとえば頬の皮膚と比べると、目元の皮膚はとても薄く乾燥しやすくなっています。そのため負担もかかりやすく、小じわやたるみなどの悩みが深刻化しやすいのです。たるみもしわもなく、ハリのある目元ならそれだけで何歳も若返って見えるため、目元はやはり念入りにケアした方がいいでしょう。最近では、目元の皮膚用の保湿剤が販売されています。薬局に行けば見付けられると思うので、ぜひ使用してみてください。他と肌の質が違う分、目元だけに注力した保湿を行うのは効果てきめんです。肌の大敵は乾燥なので、まずはしっかり保湿をするところから始めてください。もちろん世代が上の方だけでなく、若い世代の方も今の内からケアをしておくといいと思います。スキンケアは早めが肝心です。理想の肌を目指し、保つためにも、目元の皮膚のケアを今からでも始めてみてください。IPSでした!
[PR]
by haruka55ino | 2017-01-24 16:10 | Comments(0)

腸内環境と肌の関係

こんにちは!美容研究サークルIPSの井上はるかです!今回は腸内環境と肌の関係について書こうと思います。健康な体を作るには、快食、快眠、快便が大切だと言われています。特に最後の一つは、前の二つがそろってこそ叶うものでもあり、健康のための最後の砦だと思います。腸内環境を整えることは、健康はもちろん肌にも良い影響を与えるので、意識して行う必要があります。快食と快眠の影響が大きいと書きましたが、腸内環境はストレスでも大きく影響します。何か不安や悩みがあるとお腹が痛くなることってありますよね?あれは胃だけでなく、腸にも影響を及ぼすことがあります。特に神経質な人は、なるべくストレスフリーな生活を送るよう意識してもらえればと思います。腸内環境が悪いとホルモンの分泌も悪くなるため、バランスが崩れいらいらしたり精神的に不安定になったりします。体調不良の原因にもなるため、いいことは全くといっていいほどありません。簡単に言えば体に不要なものが体内にたまってしまうわけですから、悪影響なのは想像に難くないと思います。腸が詰まったままだと血流も悪くなるため、体内へ栄養が行きわたりにくくなります。病気などもしやすくなるため、腸内環境を整えることは本当にとても大切です。肌だけでなく、体全体の健康を考えてしっかりケアするようにしてください。美容は健康な体の上に成り立つものです。独立してできることではないということをぜひ覚えておいてください。IPSでした!
[PR]
by haruka55ino | 2017-01-07 16:09 | Comments(0)