新しい化粧品を使う前にやっておきたいこと

こんにちは!美容研究サークルIPSの井上はるかです!
販売されている化粧品は、販売が開始される前には厳しい試験を受けて身体に害がないように作られています。しかし直接肌に塗るものですから、体質などによってはかぶれてしまったり、赤くなってしまう可能性があります。あるアンケート結果では、女性の8割近くの人が肌のトラブルを経験したことがあるというデータがあるのです。肌のトラブルが起こってしまう原因としては、使ったときの体調が悪かったり、アレルギー物質が入っていて肌に合わなかったなどの原因が考えられます。
肌トラブルにならなくても、使ったときにヒリヒリとしたりとなんらかの影響が出てくることも考えられるので新しい化粧品を使う前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。新しいものを購入すると、気持ちもワクワクしますからすぐに使ってみて効果を確かめたくなると思います。しかしそこは一度我慢をして、ちゃんと自分の肌に合うものなのかどうかを確かめることが大切なのです。
パッチテストのやり方は、二の腕の裏側や腿の裏側など、皮膚が柔らかくて目立たない部分を利用して行いましょう。しっかりとパッチテストを行う場合には、新しい化粧品を塗ってから水にぬれたりしないようにして、48時間そのままにしておきます。そして48時間立った時にアレルギー反応や赤くなったりヒリヒリしたりといった症状が出ていなければ安全に利用することができるということがわかります。
そんなに待つことができないという人も多いと思うので、簡易的なやり方としては、お風呂に入った後に同じく二の腕の裏などに塗って、24時間ほど放置しておきましょう。そして何も反応がなければまず安心して化粧品を使うことができます。
新しい化粧品をいきなり顔に使うと肌トラブルが起きてしまったときに大変です。ちょっと手間ですが、パッチテストをちゃんと行いましょう。
せっかく買ったのに使えないのではもったいないので、最初はサンプルをもらって試してみるのもいい方法だと思います。

[PR]
by haruka55ino | 2017-07-23 14:16